INTERVIEW

お客様とともに、
新しい分野へ
チャレンジしていきたい

MC/MCG本部
MC ADMサービス部所属
2006年入社

笠 洋介

Yosuke Ryu

総合商社様のグループ向けシステムを
改善、再構築する

私は入社以来一貫して、総合商社様向けシステムの開発・運用・保守に携わっています。
入社時点ではITの知識がなかったため、最初はテスト担当としてプロジェクトに入り、その後エンジニア、プロジェクトマネージャー(PM)と徐々にステップアップしていきました。初めてPMを任せられたのは4年目のころ。輸出入に関するシステムなど、幾つかの小規模なプロジェクトを担当しました。
プログラミング言語自体は、Javaや.NET 、Visual Basicなど、目新しいものではありません。ただ、長らく取引のあるお客様ということもあり、ビジネスを深く理解し、言葉の裏に潜むニーズをもくみ取った開発が求められます。難しさもありますが、歴史ある大企業を支えるシステムの改善・再構築という仕事は、やりがいがあります。

お客様の業務について深く学び、
喜んでいただけるシステム開発を

これまで担当してきた案件で最もインパクトがあったのは、商品の取引に関する社内承認システムを海外に展開したことですね。日本国内では、売買する物品の将来的な値幅を計算して、損をするリスクがある場合にはアラートを表示する社内承認システムが既に導入されていました。しかし海外グループ企業にはそうしたシステムがなく、紙での運用が主体。業務の効率化が急務でした。そこで国内と同様のWebシステムを約10カ国のグループ企業に導入し、日本のシステムと自動連携できるようにしました。これによって生産性が大幅に向上し、データの分析も容易になったと、お客様にも好評をいただきました。
こうした案件でPMを務めるには、やはりお客様の業務について深く学ばなければなりません。お客様がどのような業務を行っていて、何を気にし、どこを便利にしたいと思っているのかを掘り下げていくことで、初めてお客様に喜んでいただけるシステムが開発できると感じています。

お客様のチャレンジをお手伝いしたい

私が担当しているお客様は、非常に幅広く事業を行っています。メーカーとしての事業もあれば、投資・金融領域の事業もあるため、多岐にわたる分野の勉強が必要不可欠。大変ですが、その分多様な経験を積むことができるのは、大きなメリットだと思います。
私は学生時代、リーダーになるようなタイプではなく、どちらかというと人に付いていく方でした。でも社会人になってからは、リーダーとして、メンバーそれぞれの能力を最大限に引き出し、相乗効果を発揮できるチームづくりを考えながら物事を進めるのも楽しいと感じるようになりました。チャレンジ精神が豊富で新しいビジネスを切り開いていくお客様をお手伝いするため、メンバーとともに、私自身も新しい分野へ挑戦し続けていきたいと考えています。

休日の過ごし方 PRIVATE

会社の先輩・後輩とコートを借りて、仕事終わりにテニスの練習をしています。年に一度の社内テニス大会にはダブルスの選手として出場します。大会には家族や、選手以外の社員も観戦に来るので、毎年とても盛り上がっています。インド人の社員もプレイしていて、ちょっとした国際試合ですよ。

休日の過ごし方 画像1
休日の過ごし方 画像2