INTERVIEW

「モノづくり」で、
お客様のビジネスをサポート

MC/MCG本部
MC ADMサービス部所属
2010年入社

森 寿子

Hisako Mori

自分の手で何かを生み出したいと考えIT業界に

私は文系出身ですが、学生時代から「モノづくり」に携わりたいと考えていました。自分自身の手で何かを生み出したいという思いから、メーカーなどで営業職になるのではなく、さまざまな業種のお客様に向けた「モノづくり(=システム開発)」ができるIT業界を選びました。文系出身でIT業界に入ることに不安はありましたが、6カ月間の手厚い研修があることが決め手で、日本TCSに入社を決めました。

お客様のイメージを形にするのが醍醐味

私は入社後一貫して、総合商社様のシステム開発・運用・保守を担当してきました。1年目には新規システムの開発プロジェクトへ配属。これはお客様の輸入受渡業務に使われるシステムで、見積・契約・出荷・納入など営業の進捗状況を可視化し、法律上必要な書類をガイドする機能を持っています。このプロジェクトで、システムのユーザーインターフェースについてお客様と打ち合わせ、実際にプログラミングをしてつくり上げる一連の流れを経験。最初は業務理解に苦労しましたが、知識を身に付けるほどにお客様と信頼関係を築くことができました。システム開発の上流から下流まで全ての工程に携われたことは、その後のキャリアに生きていると感じます。自分が設計してプログラムを書いたシステムが実際に動き、「使いやすいよ」と言っていただいた時は、感動しました。お客様のイメージを実際に形にするところが、この仕事の醍醐味だと思います。
4年目からは、徐々にプロジェクトマネージャー(PM)の役割も担うようになりました。記憶に残っているのは、PMが何度か交代したシステム運用・保守プロジェクトを、急きょ担当することになったケース。課題が山積みになっていたため、解決策を一つ一つ洗い出して、お客様とメンバーの双方に丁寧に説明するよう努めました。最終的には、お客様とのコミュニケーションが円滑になり、メンバーも役割が明確になったことで気持ちよく仕事をしてくれましたので、無事に運用を安定化させることができました。

有給休暇でリフレッシュ!
親交を深める社内行事も

日本TCSには、休みを取りやすい環境があります。私自身、月に一度は有給休暇を取得し、リフレッシュに充てています。また、社員間の親睦を目的とした社内スポーツ大会やクリスマスパーティーなどがあり、私もよく参加しています。
私の周囲では、短時間勤務制度を利用している先輩もキャリアと育児を両立できており、本当に良い環境だと感じます。急に休みを取らなければならないときには、周囲のメンバーが進んでサポートするような文化があります。
日本TCSには、外資系企業で一般的にイメージされるような合理性を重視する考え方がある一方で、社員一人ひとりを尊重し、チーム一丸となって頑張る雰囲気もある会社です。また、発足から4年目になりますが、日本市場における存在感をより一層強化するため、ダイナミックな組織変革にも取り組んでいます。ハイブリッドな環境を面白いと感じる人や、これから成長する企業の変化を楽しめる人には、向いていると思いますよ。

私のモチベーショングラフ MOTIVATION GRAPH

モチベーショングラフ
1

輸入受渡業務の新規システム開発案件に配属。お客様の業務理解で苦戦した。

2

業務知識を身に付けるほどに、お客様と信頼関係を築くことができた。

3

自分が設計してプログラムを書いたシステムが正常に動き、お客様のお役に立っていることが実感できた。

4

課題が山積みになっている案件を引き継ぐ。PMとしてお客様との窓口になることに、プレッシャーを感じる。

5

課題を整理し、お客様やメンバーと丁寧にコミュニケーションを取ることで、運用の安定化を実現した。

休日の過ごし方 PRIVATE

休暇を取って、同期入社の仲良しメンバーで毎年旅行をしています。これまで熱海や鬼怒川、プーケットなどに行きました。旅行以外でも、公園でバードウォッチングをしたり、バドミントンをしたりして楽しんでいます。
平日の退社後は、週に一度ホットヨガに通っています。1時間ほど汗を流せば、心も体もスッキリ爽快です。

休日の過ごし方 画像1
休日の過ごし方 画像2
休日の過ごし方 画像3